このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が何かに興味を持った瞬間の顔つきは、
瞳を輝かし、表情もパッと明るくなります。


我が家の娘も例外なく、何か触りたいものを
発見した時、あの一点集中した表情と獲物を
狩るハンターのような動きには驚かされます。

f:id:hidechichi:20170702121051j:plain

例えば本屋さんに連れていくと、明らかに
興味を持つ本、そうでもない本、様々です。


本の場合、まだ月齢が達していないので
ただ触りたいだけなのか、本そのものに
興味があるのか、それを見極める方法は
僕たち両親が子供のサインを見逃さない
こと、これが意外と難しいと思います。


なかなか読み聞かせをしても集中してくれない、
先を読ませてくれないからこっちが疲れちゃう、

というお母さんも、もう少しだけ我慢してあげて
下さい。しかるべきタイミングで突然、食いつく
ように興味を示す時が必ず来ます。



これは我が家の娘の場合ですが、

本の中身を見せて明らかに興味がある場合は、
視線がページ内を上下しているのが判ります。
そして次のページをめくりたがります。

逆にさして興味がない場合、視線そのものを
本から一瞬逸らしたり、隣の本を触ったり、
タグを触ったり、明らかに集中力が落ちます。


やはり大切なのは、「目の動き」と「表情」を
常日頃からよく観察して、子供が視線によって
出してくるサインに気がつけるかどうかです。

f:id:hidechichi:20170702122234j:plain

そしてここからは我が家で実践していること。


購入した本をプレゼント用に包装してもらい、
家に帰ったら多少大げさにプレゼンテーター
に扮して渡します。妻も横から拍手喝采で。
※もったいぶって時間を掛けると効果大です。


すると、本人も「自分にくれるもの」だと認識
するのか、包装された本を取り出すと嬉しそう
に、凄い勢いで近寄って来ます☆


f:id:hidechichi:20170702125141j:plain

f:id:hidechichi:20170702125231j:plain

f:id:hidechichi:20170702125248j:plain


本人はまだ意味もわかっていないと思いますが
何となく、父ちゃんと母ちゃんが共に嬉しそう
何か自分にくれるみたい…。という感覚が大切
かなと思って、このイベントは恒例化しました。


プレゼントとして渡されるので愛着も湧くのか、
このイベント後の読み聞かせは、とても真剣に
聞いてくれますし、声をあげたり本を叩いたり、
我が家では劇的に効果がありました☆


もちろん、買った本がすべて理想通りに
食いついてくれることはありません。
※引きちぎって破壊された本もあります…


それでもいいんです。


好きな本を買い与えてもらえる喜びが、やがて
本を自ら選ぶ楽しみに変わり、そしてそれらが
教養となって本人の豊かな人生に寄与するなら
親としてこんなに嬉しいことはありません。


hidechichi



かずをかぞえよう! デコボコえほん [ グザビエ・ドゥヌ ]
※娘が今一番お気に入りの絵本です。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村