おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

不食は食べること、ついては生きることへの尊さを学ぶことかと思います。

生活習慣病は食べすぎが原因だと言っても、
小さい時から一日三食という親、学校の先生、保健の先生、
医師からの教育、それは洗脳と言ってもいいくらい
徹底されており、一日三食が当たり前という、そこには
食べることへの慈しみなど皆無に近いものがあると思います。

それに健康については学校や病院で教えてもらっているから、
いまさら学ぶ必要がない、糖尿病やガンになっても
ガンに効く病院で言われたからどうしょうもない、
覚悟を決めたとか言う人ほんと多いのです。

今大切なことは
常識にとらわれるな、ということです。

そのなれの果てが生活習慣病を引き起こすのです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎