吃音を治すには、全体的にジワジワと行う

吃音を治すには、脳、心理、生理的現象、コミュニケーション、体の使い方などそれらを時間をかけて少しずつ統合的に治療することにより、大幅に改善が出来るということが分かっています。

そういった複数の方面からのアプローチというものが必要不可欠ですが、まず、何から始めたら良いのか?

今らか吃音を治すための最初の一歩は何から手をつければいいのか?というお話をしていきたいと思います。

まず、最初の一歩の前に、最初にやって欲しくないもの。後回しにしてほしいものがあります。



『吃音(どもり)の最新治療法と改善法』の知恵ノートの評判が良いので、


⇒ http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n323360


この知恵ノートも書いてみることにしました。


吃音治療で最初に取り組むと失敗する確率が高いもの

これから手をつけてしまうと治そうと頑張っているけど、なかなか治らない。

それどころか、余計に泥沼にはまってしまいかねない。
それは何かというと、心理的側面から吃音改善をしようとすることです

心理セラピーのような、
イメージトレーニングや催眠療法なども昔の吃音治療で流行ったこともありましたが、海外の吃音治療においてはもう一般的ではありません。

なぜ、心理的側面から手をつけようとすると治らないのか?

それは、人間の心理から見れば当たり前なの話しですが、人の心は根拠がないものは確信をもてません。

ですので、最初は合理的なアプローチが大切です。

まずそれで少しでも治るとうい兆候を感じること。それを最初に行なわなければいけません。

その後、心理的なアプローチをしていくというのは、とても効果があります。

ですが、これを最初に取り組み始めると治そうと思えば思うほど、余計なプレッシャーがかります。
そして、「頑張っているけど空回りして前に進めない」という状況に陥ってしまうのです。


吃音にならない良い話し方

それとは逆に、吃音が発生しにくい話し方というのが、「抑揚をつけた話し方」です。

言葉に抑揚を込めて話すことにより、左半球の言語脳も活性化します。脳全体の伝達も活性化します。

また、聞き手にとっても抑揚のある話し方は、とても聞きやすく話しが上手く聞こえるというメリットもあります。

「単調な会話を辞め、抑揚を意識して話す」ということをまず、心理的なことや、その他の吃音改善に取り組む前にぜひ、最初のステップとして取り入れてみてください。

もちろん、吃音を治すにはこれだけでは無理ですが、このことは吃音を治す上で必ず必要なことになってきます

また、今まで慣れ親しんできた会話を変えるというのは時間がかかることです。

まずは、明日、会話をする機会があれば抑揚を意識して話してみてください。もちろん、これだけでは吃音が出なくなるということはありませんが、吃音治療を取り組む上で話し方の基本となる大切なことです。

まず、最初にこのことに取り組み、自分の会話がスムーズになる兆候を感じ取って頂ければ、今後の吃音改善も上手くいくことでしょう。

 

吃音を治すためのまとめ
  • 吃音を短期間で改善させるのは海外の最先端の研究においても現状では無理。半年以上はジワジワ取り組む決意をすること。
  • 吃音を治すためには、多くの方面から統合的、包括的に行うことが必須。最初に心理的なものから取り組むのは失敗する確率が高い
  • おすすめのファーストステップは会話の仕方を変えること。会話の仕方を変えると、脳の使い方も変わる。単調な会話の仕方は吃音を出しやすい。逆に抑揚のある会話は吃音が出にくい。


また、吃音を治す方法でネットで最も有名なものをまとめてみました。



① 知恵ノート


 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n48924 


② 自宅の改善方法


http://www.kitsuon.jp/offer/infotop/


③ YOUTUBE


https://www.youtube.com/watch?v=u3yHY6fSo2s






あなたが自分の吃音の本質を知り、確実に最短で吃音を克服したいのなら、


Yahooやgoogleで、



『吃音を1日9分でわずか4週間で治療できる方法』




で、検索してください。あなたが、確実に最短で吃音を治す方法がヒットします。





【【【 おねがい 】】】


あなたの参考になりましたら、ぜひ、   「ナイス」   「いいね」   をお願いします。


 あなたの「ナイス」「いいね」が、私が知恵袋で少しでもお役にたてる原動力となります。


よろしくお願いします。 m(_ _)m